トレンドなの??バイマの高値売りの方法はプレイヤーによって定義が異なる!

The following two tabs change content below.
Daichi iyanaga

Daichi iyanaga

バイマという選択肢で多くの人に「自由でストレスフリーな生活」を手に入れてもらうべく、 ブログを通じて 「人生の選択肢を改善し明るい未来へ導く」というコンセプトで、 コンサルティングなどの独立支援を行い「”0から稼げる人を人生の限り育てる”」を使命に活動中。 BUYMAプレイヤーとしての主な実績は「"BUYMA最高月収200万"」「"メンズカテゴリー1位"」を獲得。

⇒さらに詳しい"DAICHI"のプロフィールはコチラです>>

 

はい、こんにちは!

 

スイーツ大好き系男子のDaichiです^^

 

アフタヌーンティとか行きたいんですけど、

一人でいくのは、さすがに、、、キツイ!!!

 

 

ということで、アフタヌーンティに付き合っていただける方は

メッセージをいただけると嬉しいです!!!!!!!

 

東京であればリッツカールトン

 

大阪であればインターコンチネンタル

 

 

甘いものと紅茶でも飲みながら、バイマについてお話ししましょう^^

なんでも質問してください!!

 

 

さて!!本日は「高値売り」についてお話をします!

 

ブログやメルマガを読んでいる方であれば、

一度は聞いたことはあるであろう高値売りですが、

その高値売りって何なの?という事をお話していきます。

 

なので本日の記事を読むことで

高値売りとは何なのか?を知ることができ、

今の自分には、どの手段を選べば良いのかの参考にもなります!

 

是非とも詳細を把握していただき、

近い将来の販売手段として取り入れていただければと思います^^

 

高値売りの定義ってなんですか?

 

読者様から下記のようにご質問をいただきました!

読者様

初めましてこんにちはOOと申します。

高値売りについて教えてください。
今いろいろな発信で高値売りということばを聞きます
そのやり方がいいのでしょうか?
そもそも高値売りとはトレンドですか?
どういったのが高値売りというのか定義なにになるか教えてください

どうぞ、よろしくお願い申し上げます(^^)

OOO

 

女性の読者様からのアグレッシブかつ鋭いご質問を頂きましたの、

私の解をブログにて返答をさせていただきます^^

 

バイマの情報をブログで発信している人の中には

様々な得意分野があり様々な発信の型があります。

 

例えばですが、

  • オンライン買い付けを主軸として発信する人
  • VIP買い付けを主軸としている人
  • プチプラ系を主に発信している人
  • 海外買い付けを主に発信している人

 

などなど

他にも色々あって、実に様々です。

 

そして高値売りというのも数ある「販売手法」の中の1つです。

 

ただ、高値売りの定義にも人それぞれあって、

様もまったく異なります!

 

高値売りは定義が異なるだけで全く違うものになる

 

定義の一例としては下記のようなものがございます。

 

  • 薄利多売をしないことを定義としている人
  • 高値の商品(高額商品)を販売するを定義としている人
  • 粗利で20%を取ることを定義としている人

 

など人によってホントに様々です!

 

こう見てみると、どれも全然違うものになってきますよね^^

 

ちなみにDaichiの高値売りの定義は、

国内定価よりも高く販売し、営業利益率で最低20%確保」です。

 

これまた、先ほどあげた例と異なる定義になります。

 

このように定義が違えばバイマ内でやる事も異なってきますので攻め方や販売戦略も全く異なってくるのです。

 

あくまで例えばですが、

高値売りの定義を「薄利多売をしない」としている人であれば昔の粗利益率は10%だったけども15%に上げて薄利多売はしない販売スタイルを取っていたり

 

高値の高額商品を販売していく」を定義としている方なら販売価格が10万、20万の商品を重点に出品していき最安値で設定し1件あたり1万から2万の利益をとっていこうというスタイルだったり

 

定義が異なるだけで活動内容も全然変わってくるのです!

 

そしてDaichiの定義なら、、、

営業利益率で20%を切らないよう価格計算表にセットし、国内定価や競合の価格などは1ミリも見ないで、その価格表で算出された暴利価格で販売をするスタイルです。

 

初心者や定義が違う人からするとそんなんで売るんですか??

え、国内や競合の価格も見ないですか!と言われそうですが、

もちろんの売れるためにはアカウント全体の細部までを正しい知識の元で構築する必要があります。

 

私のスタイルは最安値設定などの価格訴求ではないので、

ただ画像の編集をGIMPやフォトショップで編集して出すだけでは通用しない戦略です。

 

もちろん画像も大切ですが、その他の全体部分もターゲットを理解した上で構築し

アカウント全体で訴求していく事が大切になります。

 

少し難しい話しになってきましたね^^(笑)

 

とにもかくにも定義が違うだけで、

攻め方が全然違いますよーと言うことです!

 

高値売りで一番危ない攻め方とは

 

これまでのお話しで高値売りは、どのような販売戦略か知ることができ、

また定義が違うだけで活動内容も、まったく異なる事を知っていただけたかと思います。

 

そして高値売りはトレンドでも何でもなく

私がバイマを始めた4,5年前から

すでに誰もがやっていた販売手法ということもご理解いただけたかと思います。

 

当初から高値の商品を販売している人は沢山いましたし、

高利益率で設定し販売している人もゴロゴロいました。

 

むしろバイマが始まってから実践した人もいたはずです^^

 

なので各情報発信者が高値売りをやろう!と言っているからと言って

それが流行でも、やれば稼げると言う訳でもないので、

急いで今の自分のスタイルを変える必要もないですよー!

 

ただオススメな販売戦略の一つでもある事は間違えないので、

現在の販売とプラスで高値売りも徐々に取り入れてみるといいと思います!

 

そして、これから取り入れる事を考えている方であれば

この定義だけは避けるにしてください!

 

「高値商品を販売する」を定義とし”薄利多売”をするスタイル

 

なぜ危険なのか?高値売りの薄利多売スタイルで知っておくべき事

 

高値商品の薄利多売スタイルをやっている人がいるのであれば

気を付けるべき下記の2つがあります。

 

  1. 購入制限
  2. 税金

 

①の購入制限は転売と疑われた時点でブティック側から出入り禁止にされるというものです。

 

これはセレクトショップであれば問題ないですが、直営店で買い付ける場合は、

どのような購入を繰り返していると制限がかかるかを知っておかないと

 

ある日突然、もうアナタには販売しません!

 

と言われるかもしれませんので、注意しておく必要があります。

 

ただ最も気を付けなければならない方は②の「税金」のことです。

 

営業利益率10%と20%で比較シュミレーション

 

目先の利益を求めて、高値商品の最安値販売をすると1,2年後に大変な事になります。

 

たしかに最安値設定をすると簡単に売れます!

 

価格の訴求という圧倒的に強い攻め方をするので、

ビジネス初心者でも出せば売れる!というレベルで売れますし、

 

1件あたり、1万~2万5千円の利益をとることはザラにあります。

 

ただ今はいいかもしれませんが、1,2年後の税金の支払いを考慮すると、

手元に残る利益が少なくなるという現実に直面します!

 

個人事業の税金に関しては下記にまとめておりますので、

是非ともチェックをしてみてください^^

BUYMA(バイマ)で稼いだら確定申告は必須!申告しないとヤバいですよ。

2016.03.07

 

では、ざっくりとですが代表的な下記の税金で比較シュミレーションをします!

  • 所得税
  • 売り上げ消費税
  • 個人事業税
  • 住民税

 

また今回は年商3600万円で仮定し一般的な計算で比較します。

(控除等で変わるので基準値として把握してください)

 

営業利益率20%の場合

年商:36000万円

年収:720万円

  • 所得税:572,500円
  • 消費税:576,000円
  • 個人事業税:約500,000円 (控除により上限します)
  • 住民税: 500,000円 (実際は翌年請求)(控除により上限します)

 

純利益:5,051,500円

 

上記の純利益が手元に残る金額になります。

またここから国保や年金も支払う必要があるので、

さらに減りますね><、、、、辛すぎ(笑)

 

営業利益率10%の場合

年商:36000万円

年収:360万円

  • 所得税:317,250円
  • 消費税:576,000円
  • 個人事業税:約180,000円 (控除により上限します)
  • 住民税: 152,000円 (実際は翌年請求)(控除により上限します)

 

純利益:2,374,750円

上記の純利益が手元に残る金額になります。

 

これまた、こちらも国保や年金も支払う必要があるので、

さらに減りますね!

 

ただ、上記のシュミレーションはあくまで基準値になり

控除や節税でも大きく変わるので目安としてご考慮ください!

 

このように薄利多売で月利益30万稼いだ!!!としても、

実際に使えるお金は月19万円程しかないのです!

 

なので30万円お金が増えたと錯覚して「金使い」が荒くなると、

後々、火だるまになるので注意しておく必要があります!

 

まとめ

 

高値売りはプレイヤーそれぞれで定義が異なり、

定義が異なることで活動内容も変わってきます!

 

定義の例として

  • 薄利多売をしないことを定義としている人
  • 高値の商品(高額商品)を販売するを定義としている人
  • 粗利で20%を取ることを定義としている人
  • 国内定価よりも高く販売し、営業利益率で最低20%確保する人

 

などがあります。

 

そして、高値売りで一番危険な攻め方は、

「高値商品を販売する」を定義とし”薄利多売”をするスタイル

になります。

 

目先の利益を求めるがあまり、

近い将来困窮してしまうパターンも潜んでいるので、

十分に気を付けて、利益率を高める工夫をしていきましょう^^

 

本日の記事でご不明な点や気になる点がございましたら、

ご遠慮なくお問い合わせくださいませ!

 

皆様の参考になると嬉しく思います!!

初回限定の「無料スカイプ」コンサルを致します!







DAICHI
日中働いているOLやサラリーマン、
いつも家事に子育を頑張っている主婦の方!

また、コンサルを試しに受けてみたい方は、
ご遠慮なくお気軽にお声がけくださいませ(^^)/



こんな方にオススメです!

・コンサルティングがどういうものか知りたい方
・DAICHIの事をもっと知りたい方
・少しの時間でもコーチングしてほしい方



DAICHI
実際にサポートを受けてみたいけど、
様々な不安があり、一歩を踏み出せない方も、
中には多くいらっしゃるかと思います!

そこで期間限定の無料コンサルティングになりますが、
状況に応じて通常のコンサルと同じ内容を体感していただけるよう
貴方に寄り添ったアドバイスをさせていただきます!



■サポート内容

・1回20分の通話でお悩みを解決致します
・疑問や相談など、何でも無料コンサルティング
・アカウント診断
・状況に応じての活動アドバイス
・必要に応じて添削と解説



■受講条件

・BUYMAで月収10万以上稼げていない方
・BUYMAを始めて1年以内の方
・アカウント診断を行うためアカウントを開示できる方


ご希望の方は下記のフォームより、
カウンセリングシートをご記入のうえ、
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ^^♪


ABOUTこの記事をかいた人

Daichi iyanaga

バイマという選択肢で多くの人に「自由でストレスフリーな生活」を手に入れてもらうべく、 ブログを通じて 「人生の選択肢を改善し明るい未来へ導く」というコンセプトで、 コンサルティングなどの独立支援を行い「”0から稼げる人を人生の限り育てる”」を使命に活動中。 BUYMAプレイヤーとしての主な実績は「"BUYMA最高月収200万"」「"メンズカテゴリー1位"」を獲得。

⇒さらに詳しい"DAICHI"のプロフィールはコチラです>>