超簡単!!海外オンラインショップで購入した商品を交換・返品する手順

2016-07-10_17h37_56

どうも!!DAICHIです。

 

本日はバイマもそうですが、輸入転売を行うと必ず一度は体験するかなーという、

輸入した商品の返品や交換についてお話をしていきます!

 

海外のオンラインショップで買付けを行い到着した商品を見てみると、、、

 

キズある!!!

汚れてる!!!

違う商品じゃん!!!

 

など、届いた商品にトラブルがある場合が稀にあるんですね。

 

ただ、その場合は「焦らず、一度冷静になり各オンラインショップの手順を確認してみましょう^^

 

買付先として使えるショップは100%返品可能なショップしかありません。

 

むしろ返品ができないショップであれば買付先としてブックマークしない方がオススメですよ!!

 

返品・交換の手続きの流れを確認する

2016-07-10_17h33_29

 

殆どすべてのショップサイトは、画像のように最下部のメニューに返品についての記載があります。

なので、そこをクリックし返品の流れについて、まずは確認を行いましょう!

 

ホント焦らなくて大丈夫ですよ!!

 

必ず解決できますので!!ゆっくり一つ一つ処理していきましょう!

 

いくつかの返品交換パターン

ショップによって流が違いますので、今回はよくある手続きパターンをお伝え致します。

 

  • 到着した箱の中に返品・交換用の用紙が入っている。
  • ショップの管理画面から返品・交換の手続きをする。
  • 返品番号の申請を行い返品手続きを行う。
  • 返品商品の引き取り便を手配を要請する。

 

これらはショップによって手続きが違いますので、まずは確認を行いましょう!

 

商品の返送手続きについて

ショップ側が配送業者を手配してくれる場合とくに難しい事はございませんが、自分で返送を行わないといけないショップもあります。

 

しかし、国内に荷物を送ったことがあれば誰でもできるレベルになりますので安心してください。

この自分で返送を行う場合は、お近くの郵便局で国際郵便(EMS)で発送の手続きを行うだけですので難しくないですよー!

 

また、送り状に記入する点について、不明であれば郵便職員に聞けばすぐに解決もできますので、心配されなくて大丈夫です^^

 

返送料・関税の返金について

商品到着時に関税を支払った場合、これは返金を受けることができない事がほとんどです。

 

あきらかなショップ側のミスの場合はクレームを出せば返金やクーポンをもらえることがありますので泣き寝入りはせずに、しっかりクレームをだしましょう!

 

また返送料に関しても、同じように返金を受けるれる場合もございますので、買付け先ショップに必ず問い合わせを行ってくださいね!

 

ショップに問い合わせて確認する

バイマ 問い合わせ

 

どうしても返品方法が分からない!

 

と、言う場合はショップに問い合わせてみましょう。

すぐに答えがわかりますので英文を作り問い合わせるだけになります!

 

海外だと英語で分からない!

どうすればいいの!!

 

と焦ってしまいがちですが日本のネット通販で手続きを行うのと、なんら変わりません。

 

言語が違うだけ」ですので、まずは落ち着いて対処してみてくださいね。

 

下記の英文記事も参考にしていただけますと、無敵になれると思います(笑)

BUYMAやるなら必須!海外オンラインショップで役立つ英文と翻訳サイト

2016.07.13