3つの価格帯の特性 | バイマでブランド品を売る前に知っておくこと

バイマ 稼げない 嘘

どうも!DAICHIです。

 

本日は以前、お話した扱うブランドのシフトチェンジに付随したお話しです!

 

バイマで大きく稼いでいくならば、ハイブランドにシフトチェンジしてくださいね!とお伝えしました。

 

では、なぜハイブランドがいいのか?それを本日は他の価格帯とくらべて解説したいと思います。

 

本日の記事を読むことで、ハイブランドを扱うメリットを理解していただき、

さらに低価格帯を扱いたくなくなりますので、ご飯食べながらやお風呂に入ったあとにでも、しっかり読み進めて、理解を深めてくださいね^^

 

3つの価格帯のブランドを比較

バイマ 価格 安い 高い

 

今回は、ハイブランド、ミドルブランド、プチプラブランドの3つの価格帯で下記の項目で比較をしていきます。

 

価格帯が変わることで、色々変わってきますので取り扱うブランドのメリットを把握していただきたく思います!

 

下記がどれだけ違うのか??それを見ていきましょう!!!

  • 扱う難易度
  • 獲れる利益
  • 取引件数
  • お客様と製品の質

 

扱う難易度について

バイマ 副業 難易度

 

ハイブランド

海外のオンラインショップで買い付けができるブランドであれば、国内の楽天やアマゾンで買い物をするレベルで買付け仕入を行う事ができるので、誰でもすぐに参入が可能です。

しかしながら、オンラインで取扱いのないシャネル、エルメス、ルイヴィトンなどの買い付けは、海外買付けの仕組構築が必要になります。

ただ構築の方法を学べば誰でもすぐ準備ができますので心配することはない部分です。

 

ミドルブランド

ハイブランド同様、難しくはありあせん。オンラインで買い付けするのがメインになってくるので直ぐに参入可能です。

 

プチプラ・ノーブランド

これも同様にオンライン買い付けがメインになってきます。何ら難しくはないので誰でもすぐに実践できます。

 

難易度のまとめ
正直どれも難しくないので同じ輸入転売をやるのであれば稼げるハイブランドを扱う方がオススメです。

 

獲れる利益について

バイマ利益 

 

ハイブランド

凄く取れます!商品の値段にもよるが、1件で2万前後の利益が一般的。

ちなみに私の月のハイアベレージは1件の取引で3万3千ほどです。

1件で10万円とか利益が獲れることもあるので、少し前の記事で1件で37万の利益を出せた!と言っていたのも、このハイブランド帯を扱っているからです。

 

ミドルブランド

出品価格が元々数万円とか低い価格帯なので、取れる利益も1万超える事はないのが一般的。

セールとかうまく重なって中々いい利幅を獲れる事もありますがハイブランドには到底適わないです。

 

プチプラ・ノーブランド

1件の利益は超田舎の1時間のバイト代くらいです。

1件の利益は1000円以内が一般的で商品価格やセールの影響で2000円ほど取れることもあるといった具合で小銭集めな感覚です。

 

利幅のまとめ
扱う商品の価格が高ければ高い程、1件あたりの取れる利益は多いです。販売単価が低いと取れる利益は必ず減ります

 

取引件数について

バイマ 販売件数

 

ハイブランド

月の取引件数は少ないです。言い換えるのであれば注文数は少ないです。

少ない取引件数でガッツリ利益と獲るスタイルがこの価格帯の攻め方になってきます!

 

ミドルブランド

バイマでこの価格帯を扱って生活していくと考えると、比較的多い件数の取引を行わないと難しい価格帯です。

月50件以上は取引しないと!って感じでしょうか。注文数は比較的多い価格帯です。

 

プチプラ・ノーブランド

尋常じゃないくらい沢山の取引を行わないと、この価格帯では生活できません。

副業程度、おこずかい程度なら、そこまで頑張る必要はないですが、

安い価格帯なので沢山、注文が入り行う業務も、かなり増え疲れます。

 

取引数のまとめ
シンプルに考えて、日本は高額な商品を買えない人口の方が圧倒的に多いので、必然的にバイマ内でもプチプラ価格帯人口が多く、その価格帯は注文が沢山入ります。その反面、高額なお品を買える人口は、プチプラと比べると少ないので注文件数は少ないです。

 

お客様と製品の質について

バイマ お金持ち

 

ハイブランド

高額なお品は購入できる人は基本お金持ちで、心もハイエンドな人です。

最上級の人格を持った方々ばかりで、ストレスなく取引を進めることが出来ます。

製品の質も申し分なく、製品トラブルが起きることは殆どないです。

 

ミドルブランド

良いとは言えないけども、悪いとも言えない客層です。

製品の荒はハイブランドにくらべると出現する可能性はありますが、そこまで気にする必要はないレベル。

客層はクレイジー化する比率はハイブランドに比べると高い。

 

プチプラ・ノーブランド

製品の荒は結構多いです!

もちろんしょっちゅうNGな物が送られてくるとかではございませんがハイブランドと比較すると多すぎる。

またこの価格帯しか買えない客層はプチプラハート率が高く、クレイジー化してしまう可能性が高いです。

大トラブルになってメンタル削られ、貴方がメンヘラになってしまう可能性もあります。

 

客層と質のまとめ
ハイブランドはすべてにおいて最高なので特にメンタル削られる事なく気楽に活動していけますが、低価格帯の商品と客層は何かあるとすぐに炎上するので、やってて苦痛になる場合が大いにあります

 

まとめ

 

  • ①ハイブランドは取引件数も少なくて、作業数もすくなくなるうえに、1件の利幅が大きいのでストレスなく活動していけます。また客層もハイエンドな人格者ばかりですのでトラブルになる可能性も極めて低いです。

 

  • ②ミドルブランドは中々の取引件数をこなさないといけないけども、そこそこの利益はとっていけるので、多少商品に荒があったり、トラブルになってもまだ楽しく活動ができます。

 

  • ③プチプラで生活していくとなると、めちゃくくちゃ販売しないといけません。そうなると輸入数も増えるので、商品不良にあたる可能性も高くなり、またそれに応じて同じ数のプチプラハート層も相手にしないといけないので疲れます。取れる利益に対してこの作業量ってなんだよ。。。と疲弊していきます。

 

以上のことから、ハイブランドを扱うということはメリットだらけなので、是非ともハイブランドのみを扱っていってくださいね!

 

絶対その方がバイマが楽しくなりますので^^