バイマで売れない!買付先が見つからない原因と解決する為の考え方!

The following two tabs change content below.
Daichi iyanaga

Daichi iyanaga

バイマという選択肢で多くの人に「自由でストレスフリーな生活」を手に入れてもらうべく、 ブログを通じて 「人生の選択肢を改善し明るい未来へ導く」というコンセプトで、 コンサルティングなどの独立支援を行い「”0から稼げる人を人生の限り育てる”」を使命に活動中。 BUYMAプレイヤーとしての主な実績は「"BUYMA最高月収200万"」「"メンズカテゴリー1位"」を獲得。

⇒さらに詳しい"DAICHI"のプロフィールはコチラです>>

どうも!Daichiです。

 

九州は雨続きで、気分も上がらない日々が続いてましたが、

ようやく久しぶりに晴れて、気分もいいです^^

 

ただ、豪雨期間中は湿気がハンパないので、

在庫商品の管理に神経をめちゃくちゃ使います!

 

そして、エアコンの除湿を常につけっぱなしなので、

電気代が怖すぎです。笑

 

皆さんも在庫を持っているものがあれば、

カビが生えないように気を付けてくださいね!

 

 

さて!!

本日は「買付先が見つからない原因と解決するための考え方」についてですが、

 

まだバイマを始めて間もない方であれば、

漏れなくこの壁にぶつかります!!

 

売れる商品は、すぐに見つかるけども、

 

その買付先が見つからない!!

在庫はあるが、競合の価格に勝てない!!!

 

という壁が立ちはだかり、

グルグルグルグル同じ事の繰り返しで、

もうイヤになっている人も沢山いらっしゃると思います。

 

なので、本日の記事をお読みいただくことで、

下記の2つを知ることができ、バイマで売れないという

悩みを解決できるようになります。

 

  • 買い付け先が見つからない原因
  • 買い付け先を見つける方法とその考え方

 

是非とも最後まで、お読みいただき参考にしていただけますと嬉しく思います!

 

買い付け先が見つからない原因とは?

 

なぜ見つからないのか??

 

そう自問自答の繰り返しで、

私も最初の頃は発狂しておりました。。

 

ただ、そこには色々なノウハウや状況があるからこそ、

始めたばかりで、何も知らない人は見つけることが出来ないのは当然なのです。

 

ですが安心してください!!

 

逆に「その原因」を知るだけで、

次の突破口を見つける道筋ができ、

徐々に買付先が見つかり始めるようになります。

 

なので、今回はまず原因を知っていただき、

理解をしていただきたく思います。

 

競合の商品ページの表面的情報に惑わされている

 

これを知るだけでも、全然違った世界が見えるようになります!!

 

リサーチするとき、競合の商品ページを見るけども、

99%は素直で真面目な方ばかりですので、

その商品ページの情報をそのまま鵜呑みにしてしまう傾向があります。

 

例えばですが、

  • 商品画像
  • 買付・発送国

 

などです。

 

 

よくあるパターンの一つとして、

商品画像は、ここのショップと同じなのに、

価格計算をすると、余裕で勝てない。。。

 

そんな経験をしている方も

多くいるかと思います。

 

ただ、それは単純に

 

本当の仕入れ先とは別のショップの画像を使って

競合に買付先がバレないようにしているパターンもあるわけです。

 

なので、買付先かな?というショップを見つけたはいいものの、

価格で勝てないという状況に陥っているのです。

 

次のパターンとして買付地、発送国の情報に惑わされているパターンです。

 

本当の買い付け先はフランスなのに、

イタリアに設定していたり

 

買付先が海外なのに、

実際は国内で買い付けていたりと様々な可能性があります。

 

もちろんですが、

正しく設定するのは当たり前ですが、

在庫の流動性もあるため、実際の買い付け地と発送地はよく変更になるものです。

 

そのため「表面上の情報」で

買い付け先がイタリアになってたからと言って、

 

イタリアのショップばかり調べていても、

見つからないという場合もあります。

 

なので、今頑張ってリサーチをしているけども

全然、見つからないという素直な方は、

今回、上げた2つの参考例以外にも

 

各所を疑って商品ページを見るようにしてみてください!!

 

もすかすると、ここはフェイクを入れているかもしれない

 

というように、考えることで「仮設」を立てることができるようになり、

次の一手を打つことができるようになります。

 

※仮設について、後の題目でお話ししていきます

 

 

VIP割引で仕入れる方法があることを知らない

 

過去の記事でも何回か、お伝えしておりますが、

海外のオンラインショップでは通常の表示価格より、

さらに安く購入する方法があります。

 

それが「VIP仕入れ」というものになり、

現地の表示価格から平均20%ほど割引購入できるものです。

 

なので現地の定価で仕入れてたとして計算し、

競合の価格が絶対勝てない!!異常に安すぎる!!

 

と、なったときは1000%VIP仕入れをしていると考えて大丈夫です。

 

あとは実際にショップの問い合わせフォームからVIP交渉をしてみましょう。

 

ショップに交渉することで、

誰でも条件をもらえるショップは沢山ありますので、

 

割引を得ていない方は是非とも交渉をするようにされてみてください!

 

単純に割引コードください!!!とメールを送れば大丈夫ですよ。

 

 

練習として上記のショップにメールをされてみてくださいませ^^

 

また、このパターンのときも、

仮設をたてて考えると、道筋が見えるようになります。

 

例えばですが、

ここのショップからVIP割引OO%を得ていたと仮定したら

 

という考え方です。

 

もし、ここのショップで20%割引を、

このショッパーさんが得ていたと仮定したら、

この出品価格は可能だな!

 

というふうに考えることができるようになります。

 

なので、その可能性が浮上したのであれば、

あとはそのショップへ実際にVIP交渉をしてみることが大切です!

 

ただ、もちろん、そのショップではない可能性は大いにあるわけですが、

リサーチと同じように、ショップ開拓は根気強くやることで、

周りより差をつけることができるようになりますよ^^

 

仕入れ値を下げる、ひと手間を加味していない

 

仕入れ値を下げる方法はVIP以外にも

キャッシュバックサイトやクーポンの使用などがあります。

 

なので、中にはキャッシュバックを加味して

価格計算をしているショッパーも沢山いるため、

 

リサーチする側も、

その点を考慮したうえで競合を見ていく必要があります。

 

下記の記事でキャッシュバックについて解説しておりますので、

是非とも参考のうえご活用くださいませ!

海外のオンラインショップ通販で使用できるクーポン・キャッシュバックサイト一覧

2016.06.17

 

次に、現地のオンラインに表示されている価格は

現地の消費税込み価格で表示されているショップが沢山ありますので

その価格のままで計算をすると、余裕で価格負けをしてしまいます。

 

なので、現地のオンラインショップで日本に直送できる場合、

表示されている価格が消費税込みの価格になっていないかどうか、

これを確認する必要があります。

 

確認する際に気を付けるべきポイントとして、

  1. 配送国が日本になっているかどうか確認をする
  2. 実際に商品をカートに入れ決済画面まで進んでみる

 

上記2点をしっかり確認をしてみましょう!

 

 

①の場合、

現地国に設定されているページを見た結果、

現地価格にて価格計算したことにより価格で負けていると、

早とちりをしてしまっている可能性があります!

 

②の場合、

配送国は日本になっているけども、

商品ページの表示価格が変わらないというショップもあるので、

その場合は、実際にカートに商品を入れてみて、

決済画面まで進めてみることが大切です!

 

 

そうすることで、現地の消費税(VAT)が抜かれた価格を確認できる場合があります。

 

 

だからこそ、これらの仕入れ値を下げる

ひと手間」の確認も、漏れなくするようにして

出品価格を算出してみましょう!!

 

買い付け先を見つける方法とその考え方

 

中々、競合に勝てる買付先が見つからないというときは、

一つ前の題目でもお伝えしたような、

 

原因」「仕組」「特性」「ノウハウ」などを知っておく必要があります。

 

そして、さらにそれらの事項を理解したうえで、

仮説検証」を行いリサーチをしていく事が大切になります!!

 


とあるように、仮説検証は、

下記の3つの思考プロセスを繰り返し行い、考えていくものになります!

 

1.商品ページの観察・分析 する。

 

商品画像、買い付け国、発送国、商品コメントの文言、配送方法、配送日数など。

まずは対象の商品ページをしっかり確認し、分析することです。

 

2.「かもしれない」「こうであれば」という、”仮説”の設定 を行う

 

例えば、

「この価格で出すには、ここのショップでVIP20%を得ているかもしれないから」

「このルートで通すことが出来れば」といった仮説です。

 

3.仮説の検証をしてみる

 

想定として設定した、その仮説が正しいかどうかを検証するために、

仕組」「特性」「ノウハウ」など用いて、リサーチや行動を実際に行っていくことです。

 

その結果、自分が立てた仮説が正しいかどうかを判断をしていくことができます。

 

仮説が正しければ、すぐに競合の仕組を暴くことができ、

間違っていれば、再度、仮説を修正し、プロセスを繰り返していく事が大切です。

 

 

この仮説検証ができるようになれば、

買い付け先が見つかるスピードと件数は各段に上がり

 

問題が問題でなくなります!

 

ホント、何事もスムーズに進めることができるようになります^^!

 

 

さらに仕入れ値を下げる仕組みとノウハウを公開

 

先ほどもお伝えしたように、「仮説検証」をするためには

より、多くの「原因」「仕組」「特性」「ノウハウ」を知っておく必要があります。

 

なので、今回はいつも私のブログをお読みいただいている、

始めたばかりの方に向けて、プレゼントをさせていただきます!!

 

一部ではありますが、役に立つ事ですので、

しっかり理解を深めていただきたく思います!

 

配送ルートと国の法律を把握する

 

配送ルートと国の法律を知ることで、

仕入れ価格を抑えたり、

表面的に価格を安く魅せたりする事が可能になります!

 

だからこそ、それらの仕組みを知っておかないと、

競合には価格で勝てないと感じ、悩み続けるはめになってしまいます。

 

なので是非とも、それらを理解していただき、

すべてを加味して、仕入れ先のリサーチをしていただけますと幸いです。

 

そして今回お伝えする事として下記の2つです。

  • 転送業者
  • アメリカの収税

 

これを理解し組み合わせるだけでも十分に変わってきまよ!

 

転送業者を使うルートと仕組みについて

 

転送業者を使うことで様々なメリットを得れる場合があります。

 

例えば、日本に直送してくれないショップを買い付け先として使うことができるたり、

転送業者からお客様に直送することで出品価格を表面的に安く魅せることができます。

 

 

例えばですが、、

 

アメリカのDDPショップから仕入れるとした場合は

関税込で仕入れることになります。

 

なので一度、国内に取り寄せてから、お客様に発送するとなると、

関税も込で算出をしないといけないため、

かなり価格が高くなってしまい、競合の価格に勝てないという状況になってしまうのです。

 

ただ逆に転送業社を使って、業者からお客様に発送するというルートをとれば

関税、国内配送料などを含めないで、価格計算をすることができるので、

 

出品価格を表面的に安く魅せることができます!

 

もちろん、あくまで表面定価格ですので

お客様が最終的に受け取る合計の金額は大きくは変わりません。

 

ただ、表面的に価格を低くしておくことで

お客様が安い順で並べたときに、上位に表示され、

また安いとお客様も感じて、購買意欲を促す事にもつながり

何かと優位にたつことができます!

 

 

上記のように、日本に配送するか、アメリカに配送するかで、

大きく金額が異なってきます。

 

そして、実際にざっくり計算してみると

下記のように出品価格が変わってまいります!

※経費はざっくり盛り込んでおります。

 

 

このように、現地からお客様に発送した方が、

表面的価格は安く魅せることができますよ^^

ポイント①

ただ、転送業者にを利用すると転送料金が高額な場合がありますので、

その点も踏まえて考えていくようにしてみましょう!

今回の転送費用は、ざっくりで盛り込んで計算しております。

 

 ポイント②

転送業者の手数料高くてどうにもならない!ってときは、

「外注化」がオススメです!

配送代行手数料の相場は1000円ほどで提携できますので、

大幅に削減することができますよ!

外注化に関しては、下記の記事を参考にされてみてください^^

 

【SOHO提携で利益倍増】バイマの作業を外注化する方法を解説

2016.07.26

バイマの作業を外注化する!求人サイトで募集をする方法と手順

2016.12.10

バイマの外注化で募集が来た!その後の流れと気を付ける3つの事

2016.12.12

 

アメリカの収税について理解しておく

 

これはアメリカの場合になりますが、

アメリカでは消費税にあたる収税が商品代金に対して課せられます。

 

こちらは日本の消費税のように一律で8%とかではなく、

州、郡、市が課税するため税率が変わります

 

NYだと8.49%、CAだと8.25%と州によって様々です。

 

そして!!!

 

不思議な事にアメリカでは収税がかからない、

要は消費税が0%の州がいくつかあるのです。

 

その中でも代表的な州がオレゴン州になります。

 

収税が0%なので、オレゴンを経由することで

消費税分、仕入れ価格を下げることができるようになるのです!

 

例えばですが、カリフォルニアの転送業者を利用し、

日本に送ると仮定した場合、1000ドルの商品を仕入れると、

商品代金の1000ドルに対して、さらに8.25%掛かってしまいます。

 

しかし!オレゴン州の転送業者を活用することで、

買付先で表示されていた、商品価格のみで仕入れることができるようになるので、

 

仕入れ値をグッと下げることができるようになります!!

 

これを知っているか、知らないかだけでも大きい差が生まれますので、

今後はこれらを参考にリサーチや出品をしていくようにされてくださいね^^/

 

まとめ

 

買い付け先が見つからない原因として、

  • 競合の商品ページの表面的情報に惑わされている
  • VIP割引で仕入れる方法があることを知らない
  • 仕入れ値を下げる、ひと手間を加味していない

 

などなど、基本を把握していない事が原因となります。

 

また、買い付け先を見つける方法とその考え方として、

仮定検証をすることで、買い付け先が見つかりやすくなります!

 

また、仮設検証をするうえで、様々な情報を知っておく必要もあります。

例えば、転送業者を使うルートやアメリカの収税についてなどです。

 

他にも様々な仕組みや普通では辿り着けない方法、

その他のルートなどはございますが、

今はコンサル生のみにお伝えしておりますので、

何かの機会があれば、この辺りの情報も公開したく思います!

 

 

それでは長くなりましたが、

今回の内容は終わりでございます!

 

BUYMAで売れない!!と嘆く前に、

今回の記事をしっかり理解していただき、

買い付け先を見つけるまで、

行動をしていただけますと嬉しく思います^^

 

それではまた次回をお楽しみに!!!

 

PS

今回の記事で景色の画像が多いのは、

久々に雨が止み、気持ちの良い天候が続いているので、その影響からです(”ω”)ノ

初回限定の「無料スカイプ」コンサルを致します!







DAICHI
日中働いているOLやサラリーマン、
いつも家事に子育を頑張っている主婦の方!

また、コンサルを試しに受けてみたい方は、
ご遠慮なくお気軽にお声がけくださいませ(^^)/



こんな方にオススメです!

・コンサルティングがどういうものか知りたい方
・DAICHIの事をもっと知りたい方
・少しの時間でもコーチングしてほしい方



DAICHI
実際にサポートを受けてみたいけど、
様々な不安があり、一歩を踏み出せない方も、
中には多くいらっしゃるかと思います!

そこで期間限定の無料コンサルティングになりますが、
状況に応じて通常のコンサルと同じ内容を体感していただけるよう
貴方に寄り添ったアドバイスをさせていただきます!



■サポート内容

・1回20分の通話でお悩みを解決致します
・疑問や相談など、何でも無料コンサルティング
・アカウント診断
・状況に応じての活動アドバイス
・必要に応じて添削と解説



■受講条件

・BUYMAで月収10万以上稼げていない方
・BUYMAを始めて1年以内の方
・アカウント診断を行うためアカウントを開示できる方


ご希望の方は下記のフォームより、
カウンセリングシートをご記入のうえ、
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ^^♪


ABOUTこの記事をかいた人

Daichi iyanaga

バイマという選択肢で多くの人に「自由でストレスフリーな生活」を手に入れてもらうべく、 ブログを通じて 「人生の選択肢を改善し明るい未来へ導く」というコンセプトで、 コンサルティングなどの独立支援を行い「”0から稼げる人を人生の限り育てる”」を使命に活動中。 BUYMAプレイヤーとしての主な実績は「"BUYMA最高月収200万"」「"メンズカテゴリー1位"」を獲得。

⇒さらに詳しい"DAICHI"のプロフィールはコチラです>>